眠れない時はお酒を飲むといい?

眠れない時はお酒を飲むといい?

眠れないときには、お酒を飲んで寝る人も多いと思います。
日本では、昔から「晩酌」とか「寝酒」といった習慣があり、寝る前にお酒を飲む人が多かったことが窺えます。

 

もちろん、程々の量ならお酒は百薬の長とも言われますし、眠気を誘ってくれることもありますが、お酒で眠ることは一般的に良くないとされています。

 

精神科などに行けば、必ず「お酒はやめてください」と言われます。では、何故、お酒で眠るのが駄目なのでしょう?そこには、いくつかの理由があります。

 

・お酒は血行を良くするため、むしろ興奮状態になり、眠りにくくさせることもある。
・お酒は利尿作用があるため、深夜に何度もトイレに行きたくなり、睡眠を阻害することもある。
・お酒による睡眠は、睡眠の質を悪化させ、長時間寝ても疲れが取れず、目覚めが悪くなることもある。

 

「・・・こともある」という書き方をしましたが、精神科などの医師からは断言されます。私と同様に、「そんなことはないよ」って思っている人も多いと思いますが、科学的にこれらは証明されているので、「お酒を使って眠るのは駄目」と言われています。もちろん、お酒が全く駄目ということではなく、晩酌で軽くお酒を飲む程度なら、むしろ睡眠を誘発して良いとも言われていますが、寝るためのお酒・大量の飲酒が睡眠障害を助長するとされているのです。

 

また、睡眠障害の方は睡眠導入剤を処方されることが多いと思いますが、薬とお酒の併用は厳禁です。